司法面接

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

司法面接

米国や英国などで行われており、専門的な訓練を受けた面接士が虐待を受けた子どもから、いつ、どこで誰が何をしたか、事実を特定できるように話を聴く。治療を目的とした面接とは技術的にも異なる。60分程度で原則1回のみ。この面接で得た証言裁判の証拠とされることを想定しているため「forensic(法廷の)」という語が使われている。

(2006-08-31 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司法面接の関連情報