コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡実 よしおか みのる

2件 の用語解説(吉岡実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡実 よしおか-みのる

1919-1990 昭和時代の詩人。
大正8年4月15日生まれ。昭和16年詩集「液体」をのこして応召。戦後,「静物」で詩壇に登場する。34年H氏賞を受賞した「僧侶(そうりょ)」は現代詩のひとつの到達点とされる。装丁家としても活躍。平成2年5月31日死去。71歳。東京出身。作品に「サフラン摘み」(昭和52年高見順賞),「薬玉(くすだま)」(60年藤村記念歴程賞)など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡実
よしおかみのる
(1919―1990)

詩人。東京・本所に生まれる。幼少期彫刻家を志したが果たさず、出版社に勤務しつつ夜学に通い文学書に親しむ。1940年(昭和15)応召の年詩歌集『昏睡(こんすい)季節』(私家版)刊。41年私家版詩集『液体』、敗戦帰国後、50年(昭和25)『静物』を刊行し、その詩風の特異さで注目される。第二詩集『僧侶(そうりょ)』(1958)でH氏賞を受賞。59年清岡卓行(たかゆき)、大岡信(まこと)、飯島耕一(こういち)らと詩誌『鰐(わに)』を創刊。本の装丁家としても優れた仕事をしている。詩集はほかに『吉岡実詩集』(1959)、『紡錘形』(1962)、『吉岡実詩集』(1967、全詩集)、『静かな家』(1968)、『サフラン摘み』(1976。高見順賞受賞)、『薬玉(くすだま)』(1984。藤村記念歴程賞受賞)などがある。歌集には『魚籃』(1959)がある。[原崎 孝]
『『新選吉岡実詩集』(1978・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吉岡実の関連キーワード石英岩印僑海部俊樹内閣ドイツ統一サイモン委員会女性労働中国脅威論朝鮮映画ドイツ映画サラリーマン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉岡実の関連情報