コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡実 よしおか みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡実 よしおか-みのる

1919-1990 昭和時代の詩人。
大正8年4月15日生まれ。昭和16年詩集「液体」をのこして応召。戦後,「静物」で詩壇に登場する。34年H氏賞を受賞した「僧侶(そうりょ)」は現代詩のひとつの到達点とされる。装丁家としても活躍。平成2年5月31日死去。71歳。東京出身。作品に「サフラン摘み」(昭和52年高見順賞),「薬玉(くすだま)」(60年藤村記念歴程賞)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡実
よしおかみのる
(1919―1990)

詩人。東京・本所に生まれる。幼少期彫刻家を志したが果たさず、出版社に勤務しつつ夜学に通い文学書に親しむ。1940年(昭和15)応召の年詩歌集『昏睡(こんすい)季節』(私家版)刊。41年私家版詩集『液体』、敗戦帰国後、50年(昭和25)『静物』を刊行し、その詩風の特異さで注目される。第二詩集『僧侶(そうりょ)』(1958)でH氏賞を受賞。59年清岡卓行(たかゆき)、大岡信(まこと)、飯島耕一(こういち)らと詩誌『鰐(わに)』を創刊。本の装丁家としても優れた仕事をしている。詩集はほかに『吉岡実詩集』(1959)、『紡錘形』(1962)、『吉岡実詩集』(1967、全詩集)、『静かな家』(1968)、『サフラン摘み』(1976。高見順賞受賞)、『薬玉(くすだま)』(1984。藤村記念歴程賞受賞)などがある。歌集には『魚籃』(1959)がある。[原崎 孝]
『『新選吉岡実詩集』(1978・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吉岡実の関連キーワード那珂太郎清岡卓行土方 巽昭和時代大岡信

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉岡実の関連情報