コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田沙保里 よしださおり

5件 の用語解説(吉田沙保里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田沙保里
よしださおり

[生]1982.10.5. 三重,一志
レスリング選手。3歳のとき,元全日本王者だった父の指導でレスリングを始めた。2000,2001年と世界ジュニア選手権大会を連覇するなど,低くて出足の鋭いタックルを武器に日本女子レスリング界のエースに駆け上がり,女子フリースタイル 55kg級で 2004年アテネ・オリンピック競技大会,2008年北京オリンピック競技大会2012ロンドン・オリンピック競技大会オリンピック競技大会 3連覇を成し遂げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

吉田沙保里

1982年10月5日生まれ、三重県津市出身の女子レスリング選手。2012年ロンドンオリンピック日本代表。
3人兄弟の末っ子として生まれる。母・幸代(テニスの元国体選手)が、可愛い名前にしようと当時のアイドルから沙と保をとって名付けたという。三重県立久居高等学校卒業、中京女子大学卒業(愛知県、現至学館大学、名誉修士)。綜合警備保障(ALSOK)所属(12年8月時点)。光速とも評されるほどスピードのあるタックルが得意技で、「弾丸タックル」と呼ばれ恐れられている。好きな食べ物は焼肉、趣味はカラオケ
自宅でレスリング道場を開いていた父・栄勝(元レスリング全日本選手権優勝)の影響で、3歳からレスリングを始め、2000年、01年と、世界ジュニア選手権を2連覇。
02年、ジャパンクイーンズカップ、アジア大会、世界選手権、全日本選手権の55キロ級全てで優勝を果たし、その後も好調は続く。04年のアテネオリンピックでは金メダルを獲得し、07年の世界選手権優勝においては、女子レスリング史上初の5連覇を達成。同年、「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」、読売新聞社制定の日本スポーツ賞を受賞するとともに、日本オリンピック委員会(JOC)の08年のシンボルアスリートに選出された。そして、08年の北京オリンピックでも金メダルを獲得した。
12年現在、世界選手権55キロ級優勝回数(02年、03年、05年、06年、07年、08年、09年、10年、11年)はアレクサンダー・カレリン(霊長類最強の男ともいわれ、圧倒的な強さを誇るロシアの130キロ級レスリング選手)の最多連覇回数記録に並ぶ9連覇。12年ロンドン・オリンピック開会式では日本選手団旗手を務めた。過去に開会式の旗手を務めた9人の女子選手は1人も金メダルを手にできなかったため、「旗手は活躍できない」というジンクスがささやかれていたが、見事に振り払い、金メダルを獲得。前日の伊調に続いての3大会連続金メダルとなった。

(菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐さおり〔‐サホリ〕【吉田沙保里】

[1982~ ]レスリング選手。三重の生まれ。アテネ・北京・ロンドンと、オリンピックで3大会連続の金メダルを獲得。また、オリンピックと世界選手権をあわせて、レスリング史上初の13大会連続世界一を達成した。国民栄誉賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田沙保里【よしださおり】

女子レスリング選手。三重県津市生まれ。自宅で開いていたレスリング道場で3歳からレスリングを始め父の指導のもとで力を伸ばした。2000年,2001年世界ジュニア選手権を2連覇。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田沙保里 よしだ-さおり

1982- 平成時代の女子レスリング選手。
昭和57年10月5日生まれ。階級は55kg級,53kg級。元全日本王者の父・吉田栄勝の指導で3歳からレスリングをはじめ,久居高から中京女子大にすすむ。平成12年,13年世界ジュニア選手権(58kg級)連覇。16年アテネ五輪で金メダル。20年北京五輪で連覇。24年ロンドン五輪では開会式で旗手をつとめ,試合も3連覇,3個目の金メダルを獲得。鋭いタックルを得意とする。24年世界選手権10連覇を達成し,五輪・世界選手権での連勝記録も62にのばした。同年菊池寛賞,国民栄誉賞。27年世界選手権13連覇を達成,五輪・世界選手権あわせて16大会連続世界一となる。ALSOK所属。三重県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田沙保里の関連キーワード三重県津市産品三重県津市神戸三重県津市広明町三重県津市城山三重県津市大門三重県津市野田三重県津市八町三重県津市藤方三重県津市牧町三重県津市丸之内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田沙保里の関連情報