コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田竹子 よしだ たけこ

2件 の用語解説(吉田竹子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田竹子 よしだ-たけこ

1871-1923 明治-大正時代の琵琶(びわ)演奏家。
明治4年6月22日生まれ。博多の花柳界にそだつ。初代橘旭翁(たちばな-きょくおう)にまなび,明治26年筑前(ちくぜん)琵琶の第1作「谷村計介」を作曲。伊藤博文らの後援をえて東京進出をはかる。筑前琵琶の創始者のひとり。弟子に高峰筑風がいる。大正12年11月5日死去。53歳。筑前(福岡県)出身。号は瑞晃(ずいこう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田竹子

没年:大正12(1923)
生年:明治4.6(1871)
明治大正期の筑前琵琶創始者のひとり。福岡藩士栗山幽斎のひとり娘として生まれ,孤児となってから博多の花柳界で育った。美貌と美声,三味線の手腕により人気を集めた。富豪加野(加能)熊次郎の庇護を得て明清楽や八雲琴をも修め,筑前盲僧琵琶もこなした。明治26(1893)年,文士今村外園の作詞になる「谷村計介」に曲をつけ演奏したのが,近代琵琶楽のひとつとしての筑前琵琶(当時は筑紫琵琶)の始まりといわれる。そこには橘智定(初代旭翁)や鶴崎賢定の影響もあった。伊藤博文,金子堅太郎の庇護により東京でも活躍し,筑前琵琶の全国普及に貢献した。門弟に,一世を風靡した高峰筑風(高峰三枝子の父)がいる。

(山口修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田竹子の関連キーワード筑前琵琶山崎旭萃五弦琵琶筑紫琵琶琵琶歌創始者の原理高峰筑風橘旭翁(初代)鶴崎賢定豊田旭穣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone