コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高峰筑風 たかみね ちくふう

3件 の用語解説(高峰筑風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高峰筑風 たかみね-ちくふう

1879-1936 明治-昭和時代前期の琵琶(びわ)演奏家。
明治12年5月2日生まれ。高峰三枝子の父。吉田竹子に筑前(ちくぜん)琵琶をまなび,大正元年に京都で高峰流琵琶を創始した。作曲に「小楠公」「日蓮上人」など。昭和11年4月21日死去。58歳。福岡県出身。福岡工業卒。本名は鈴木徹郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たかみねちくふう【高峰筑風】

1879‐1936(明治12‐昭和11)
筑前琵琶から派生した高峰琵琶の創始者で宗家。本名鈴木徹郎。博多生れ。筑前琵琶創始者の一人である吉田竹子の下で年少時に学んだ。日露戦争に出征して,陣中で琵琶演奏により戦友を慰めたという。1907年京都に出て琵琶専門家として歩みはじめ,12年には高峰琵琶という呼称のもとで筑前琵琶から独立した。華麗な様式の作品と演奏で人気を得,晩年は東京で教授につとめた。代表作に《小楠公(しようなんこう)》《日蓮上人》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高峰筑風
たかみねちくふう
(1879―1936)

筑前琵琶(ちくぜんびわ)の演奏家。博多(はかた)生まれ。本名鈴木徹郎。琵琶は青年時代に吉田竹子に学んだ。福岡県立工業学校卒業後、日露戦争では歩兵となり、陣中で琵琶を奏したこともある。全国を巡って多くの門弟を教え、晩年は東京で活躍した。1912年(大正1)「高峰琵琶」という新派を開き、大いに流行したが、筑風が脳出血のため57歳で急逝すると、後継者がなく衰えた。作品に『小楠公(しょうなんこう)』『日蓮上人(にちれんしょうにん)』があり、名曲とされる。女優高峰三枝子(みえこ)(1918―90)はその長女である。[シルヴァン・ギニアール]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高峰筑風の言及

【琵琶】より

…(4)筑前琵琶 琵琶歌のもう一つの系統筑前琵琶はもと筑前盲僧の橘旭翁らにより薩摩琵琶や三味線音楽にならって明治期に確立され,女性的な優雅さをたたえた音楽として全国的に流行した。とくに石村涼月高峰筑風らの独特の味わいが人気を呼んだ。 以上の琵琶歌はおよそ歴史的題材による語り物的要素も強く,歌謡的側面とつりあって邦楽の中で特異な位置を占めている。…

※「高峰筑風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高峰筑風の関連キーワード冨田渓仙伊藤孝次草間滋斎藤蕗葉島津隼彦立野徳治郎埴原久和代安田善次郎(2代)和田徳次郎山陽新聞社

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone