コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋女子大学 なごやじょしだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋女子大学
なごやじょしだいがく

私立の女子大学。 1915年越原春子が創立した名古屋女学校を母体に,50年の名古屋女学院短期大学設立を経て,64年に家政学部家政学科のみの4年制単科大学として発足。 87年文学部を設置,2学部構成となる。入学定員は 440名 (1997) 。 97年大学院を設置。生活科学研究所と教育研究所を併設する。本部は名古屋市瑞穂区汐路町。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なごや‐じょしだいがく〔‐ヂヨシダイガク〕【名古屋女子大学】

名古屋市にある私立大学。昭和39年(1964)に開学した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋女子大学
なごやじょしだいがく

私立。1915年(大正4)に創設された名古屋女学校が前身で、1964年(昭和39)設立された。当初は家政学部家政学科だけの女子単科大学であったが、2010年(平成22)時点で、家政学部(食物栄養学科、生活環境学科、家政経済学科)、文学部(国際英語学科、児童教育学科)の2学部5学科、大学院(生活学研究科、人文科学研究科)、短期大学部を置く。創立者の越原春子(こしはらはるこ)(1885―1959)の生誕の地である岐阜県加茂(かも)郡東白川村越原(おっぱら)には越原学舎があり、学科・専攻の研修、セミナーなどが行われている。学園訓は「親切」、教育方針は「智・徳・体各方面にわたってのきびしい鍛錬」。所在地は名古屋市瑞穂(みずほ)区汐路町(しおじちょう)3-40(家政学部、短期大学部)、および名古屋市天白(てんぱく)区高宮町1302(文学部)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名古屋女子大学の関連キーワード愛知県名古屋市瑞穂区東白川(村)吉田 鎮雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名古屋女子大学の関連情報