コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向山光昭 むかいやまてるあき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向山光昭
むかいやまてるあき

[生]1927.1.5. 長野
有機化学者。 1948年東京工業大学卒業。 63年同大学教授,74年東京大学教授,87年東京理科大学教授。水分子を酸素原子1個と水素原子2個とに分離しながら分子同士を結合させる酸化還元系縮合反応や,交差アルドール反応など,有機合成化学における新しい反応様式を開発したほか,抗癌作用をもつ物質,タキソールの合成に成功するなど,ファインケミストリーの分野に貢献。 83年学士院恩賜賞受賞,97年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向山光昭 むかいやま-てるあき

1927- 昭和後期-平成時代の有機化学者。
昭和2年1月5日生まれ。38年母校東京工業大の教授,50年東大教授となる。のち東京理大総合研究所長。酸化・還元系縮合反応の開発など,有機合成化学の分野に独自の領域をひらいた。58年学士院恩賜賞。平成9年文化勲章。長野県出身。著作に「有機合成反応」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

向山光昭の関連キーワード恩賜賞受賞者チトクロム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

向山光昭の関連情報