吸着クロマトグラフィー(読み)きゅうちゃくくろまとぐらふぃー

デジタル大辞泉の解説

きゅうちゃく‐クロマトグラフィー〔キフチヤク‐〕【吸着クロマトグラフィー】

吸着剤を固定相とする液体クロマトグラフィー。試料混合物を一端に置いて溶かし出し、試料の成分による移動速度の差によって、分離・精製・検出などを行う。吸着剤として、シリカゲルアルミナ活性炭珪藻土などが用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸着クロマトグラフィー
きゅうちゃくくろまとぐらふぃー
adsorption chromatography

クロマトグラフィーを分離機構により大別した場合の1種である。クロマトグラフィーを特徴づける基本概念として、固定相と移動相があげられ、この両相間への物質の吸着性、溶解性、揮発性などの差を利用して物質の分離が行われる。固定相は普通、表面が吸着能をもつ微粉末固体か、適当な担体を液膜で覆った液体であり、原理的にみると、前者の場合には、主として固定相と移動相への物質の吸着力の差によって分離がおこるので、これを吸着クロマトグラフィーとよぶ。一方、後者の場合には、分離が主として両相間への分配力の差によっておこるので、これを分配クロマトグラフィーとよぶ。固定相としては、シリカゲル、アルミナ、活性炭、炭酸マグネシウム、酸化マグネシウム、ポリエチレン系ポーラスポリマー、デンプンなどが用いられる。移動相には水、アルコール類その他種々の溶媒が単独または混合して用いられ、この場合のように移動相に液体を用いる場合は液体クロマトグラフィー(液‐固クロマトグラフィー)といい、移動相に水素、ヘリウムなどの気体が用いられる場合はガスクロマトグラフィー(気‐固クロマトグラフィー)という。[高田健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吸着クロマトグラフィーの言及

【クロマトグラフィー】より

…そこで,利用する現象をもとにした呼び方も多用される。これに属するものは,吸着クロマトグラフィーadsorption chromatography(LC,GCともにあり),分配クロマトグラフィーpartition chromatography(LC,GCともにあり),立体排除クロマトグラフィー(分子ふるい効果を利用したLC),イオン交換クロマトグラフィー(イオン交換体を固定相とするLC)などである。また,分離の行われる場の形状から,カラムクロマトグラフィーcolumn chromatography(カラムと呼ばれる,固定相の充てんされた内径数mm,長さ数十cm~数mのガラスあるいはステンレス鋼管中で分離を行うもの),薄層クロマトグラフィーthin layer chromatography(各種固定相を薄く塗布したガラス板またはプラスチック板上で分離を行うLC。…

※「吸着クロマトグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android