コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呻く ウメク

デジタル大辞泉の解説

う‐め・く【×呻く】

[動カ五(四)]《「う」は擬声語。「めく」は接尾語》
痛さや苦しさのあまり、低い声をもらす。「下腹を押さえて―・く」
獣などが低くうなる。「番犬が―・く」
嘆息する。ため息をつく。
「―・きたる気色(けしき)も恥づかしげなれば」〈・帚木〉
苦心して詩歌を作り出す。苦吟する。
「あまたたび誦(ずん)じて、―・きて返し」〈大鏡・後一条院

すた・く【×呻く】

[動カ四]《「すたすた」の「すた」の動詞化。「すだく」とも》あえぐ。すためく。
「声いきどしく―・きながら」〈浄・関八州繋馬〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うめく【呻く】

( 動五[四] )
〔擬声語「う」に「めく」が付いてできた語〕
痛みや苦しみのために思わず低い声を発する。うなる。 「患者の-・く声が聞こえる」
感心してため息をつく。嘆息する。 「かからであらばやなどぞ-・かせ給ひける/大鏡 後一条
苦心して詩歌を作る。苦吟する。 「あまたたび誦ずんじて、-・きてかへし/大鏡 後一条
獣がうなる。 「飼ひける牛、夜ごとに必ず-・くこと侍りけり/著聞 20
金がたくさんある。うなる。 「新町に紙入わすれて来た。中に-・く程かね入て置た/浄瑠璃・油地獄

すだく【呻く】

( 動四 )
〔「すたく」とも〕
あえぐ。 「声いきどしく-・きながら/浄瑠璃・関八州繫馬」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

呻くの関連キーワードじゃ知らぬ関八州繫馬擬声語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呻くの関連情報