コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唸る ウナル

デジタル大辞泉の解説

う‐な・る【×唸る】

[動ラ五(四)]《「う」は擬声語》
力を入れたり苦しんだりするときに、長く引いた低い声を出す。うめく。「痛くてうんうん―・る」
獣が低く力の入った声を出す。「犬が―・る」
鈍く低い音を長く響かせながら出す。「モーターが―・る」「風が―・る」
謡曲・浄瑠璃などを、のどをしぼるように低音でうたったり語ったりする。「義太夫を―・る」
感嘆のあまり、思わず、1のような声を出す。ひどく感心する。「満員の観衆を―・らせる」
内に満ちている力が、あふれ出るばかりになる。「が―・る」「が―・るほどある」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うなる【唸る】

( 動五[四] )
〔擬声語「う」に「鳴る」が付いてできた語〕
獣が威嚇するような、低い声を発する。 「犬が-・る」
人が苦しくて、言葉にならない低い声を出す。うめく。 「病人が-・る」 「試験問題がむずかしくて-・る」
立派さや豪華さに感嘆の声を発する。 「大向こうを-・らせる名演技」 「あまりの豪華さに-・ってしまった」
(浪曲などを)力を入れて語る。 「一節ひとふし-・る」
にぶく低い音が長く尾を引くように鳴る。 「モーターが-・り始める」 「風で電線が-・る」
たまった力や勢いが外にあふれ出そうになる。 「腕が-・る」 「金庫には金が-・っている」
びっくりするほど豪勢にする。 「今時の大臣-・つた事もせぬ/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唸るの関連キーワード別所毅彦風力階級成嶋早穂擬声語唸り木バズ余響

唸るの関連情報