コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木氏 くすのきうじ

世界大百科事典 第2版の解説

くすのきうじ【楠木氏】

橘氏を称するが出自は不明。正成以後,河内の金剛山の麓に本拠を持ち,和泉にまで一族が広がっているが,楠木という地名は確認されていない。1190年(建久1)源頼朝入洛のさいの随兵に楠木四郎がおり(《吾妻鏡》),この楠木氏は東国御家人であろうが,正成流との関係は未詳である。《楠氏系図》で正成の父とされる橘正遠の女が伊賀国御家人服部氏の妻となり,観阿弥を生んだとする〈観世系図〉もあるが,ほかにこれを証明する史料がない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楠木氏
くすのきうじ

鎌倉末期から南北朝内乱期にかけて河内(かわち)金剛(こんごう)山の麓(ふもと)赤坂(あかさか)村(大阪府南河内郡)を中心に蟠踞(ばんきょ)し活躍した土豪。「楠」とも書く。観心(かんしん)寺、金剛寺などと深い関係をもち、文観(もんかん)を媒介として、後醍醐(ごだいご)天皇の討幕計画に参加。河内国新開荘(しんかいのしょう)、宇礼志(うれし)荘、玉櫛(たまぐし)荘など交通の要衝の地を支配下に置き、河内、和泉(いずみ)の各地に、和田(にぎた、あるいは、みきた)氏、橋本氏、神宮寺(じんぐうじ)氏などの支族を扶植させた。赤坂一帯に産する辰砂(しんしゃ)(水銀の原料)の採掘権をもち、それを奈良、京都などに売りさばいて富を蓄積した。河内、和泉、摂津、さらには伊賀の上島(かみしま)氏などの各地土豪層と、婚姻関係や商業活動を通じて結び付き、畿内(きない)西部の広範な地域を行動半径としていた。河内の一土豪でありながら、分業・流通ルートを媒介として、きわめて正確な情報を迅速に把握して行動の指針となし、ほぼ一貫して南朝方の有力武士団として活躍した。[佐藤和彦]
『中村直勝著『南北朝』(1922・大鎧閣) ▽藤田精一著『楠氏研究』(1933・積善館) ▽林屋辰三郎著『南北朝』(1957・創元社) ▽佐藤進一著『南北朝の動乱』(1965・中央公論社) ▽佐藤和彦著『南北朝内乱』(『日本の歴史11』1974・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android