コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和賀江島 わかえじま

百科事典マイペディアの解説

和賀江島【わかえじま】

相模国鎌倉の材木座海岸沿いの飯島岬突端に,港湾施設としてつくられた鎌倉時代の築島。1232年船の着岸の安全と便利のために,勧進聖人往阿弥陀仏が発願し,幕府の許可を得て約二十数日で築かれた。
→関連項目飯島関

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかえじま【和賀江島】

鎌倉市の材木座海岸東端にある飯島崎の付け根から,西へ向かって海に突き出した中世の築港跡。現存する鎌倉時代の築港としては唯一のもので,酒匂(さかわ)川の河原石を積んで造られている。1232年(貞永1)波が荒く遠浅の由比ヶ浜で難破する舟を救おうと,筑前鐘ヶ崎の泊を前年に築いた往阿弥陀仏が発願して幕府の許可を得,執権北条泰時らの援助を受けながら二十数日を費やして完成した。その後,極楽寺忍性も修造を行ったことがあるらしく,1349年(正平4∥貞和5)には,忍性の先例に任せて,極楽寺が修理を施し,津料の徴収権を保証されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の和賀江島の言及

【港湾】より

…一般に貿易港としての津は,他国との交流が繁しい一方,外敵の侵入や雑居の影響を受けやすい欠点があり,このため権威の集中する都宮は津から離れて置かれるのが通例であったことを考えると,福原遷都は短期間ではあったが,清盛の意図は近代の港湾の考え方に近いものであったといえる。 鎌倉時代初期には勧進僧往阿弥陀仏(おうあみだぶつ)らにより,鎌倉の材木座に和賀江島が築港されて日宋貿易が行われたが,高波による防波堤破損のためその機能を失ってしまった。この例のように,一般に,沿岸に津,泊を築くことは,入江や深く湾入した水域以外容易でなく,古代,中世を通じて,河川沿い,あるいは河口に発達していったものがほとんどである。…

※「和賀江島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

和賀江島の関連キーワード鶴岡八幡宮六浦

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和賀江島の関連情報