コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唄師 バイシ

世界大百科事典 第2版の解説

ばいし【唄師】

仏教儀式で唱えられる声明曲(しようみようきよく)《ばい)》を独唱する役の僧侶。仏教儀式には,顕教系と密教系があるが,顕教では四箇法要(しかほうよう)として《唄》《散花》《梵音(ぼんのん)》《錫杖(しやくじよう)》の4曲を,密教では二箇法要として《唄》《散花》を唱える。原則的には《唄》のみが独唱曲で,比較的老齢の僧によって低い声で唱えられるのが特徴とされる。歌詞は法要の性格によって数通りがあり,演出上から両唄師と称して2人で斉唱することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の唄師の言及

【如来唄】より

…その場合,1種は字音を長く引き伸ばしながらユリなどのフシ(節)を重ねていく曲節であり,1種は比較的簡単な曲節で短く唱える。前者は,法要の初めに身心を静める意味で唱えるもので,職衆(しきしゆう)中の上席者である唄師が荘重に独唱する。後者は導師が《三礼文(さんらいもん)》に引き続いて唱えることが多く,職衆が斉唱で呼応する宗派もある。…

【唄】より

…〈唄匿(ばいのく∥ばいとく)〉の略。法要の初めに身心を静める意味で唱える曲で,職衆(しきしゆう)中の上席者である唄師が荘重に独唱する。字音を長く引き伸ばしながらユリなどの節を重ね,ゆったりと進行する曲節である。…

※「唄師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唄師の関連キーワード梅・倍・唄・培・売・媒・梅・煤・貝・買・賠・賣・陪・黴蓼 胡蝶(1代目)蓼 胡蝶(初代)中村仲蔵(初代)中村仲蔵(1世)若山富三郎岡崎えん如来唄戸谷友九僧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android