(読み)ばい

  • ▽唄
  • 漢字項目

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

声明 (しょうみょう) の曲種名。唄匿 (ばいのく) の,あるいは婆師 (ばし) の転音ともいわれる。中国では梵唄 (ぼんばい) の略として仏教声楽一般の総称でもあった。如来唄 (にょらいばい,天台では始段唄ともいう) と云何唄 (うんがばい) などがあり,前者は一箇法要四箇法要 (しかほうよう) ,後者二箇法要に用いられる。唄師 (ばいし) によって独唱されるが,唄には「」の意があるとされ,法要の最初に仏を賛美し一座を静粛にする役割を果す。唄を唱えることを「唄を引く」というが,各字を非常に長い装飾的旋律で引延ばして唱える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

声明(しょうみょう)一種漢語または梵語(ぼんご)偈頌(げじゅ)を唱えるもの。短い詞章を一音一音長く引いて、揺りなどのを多くつける。如来唄・云何唄(うんがばい)など。
唄器(ばいき)」の略。
常用漢字] [音]バイ(呉) [うた うたう
〈バイ〉仏徳をたたえる歌。また、その歌をとなえる。「梵唄(ぼんばい)
〈うた〉「小唄長唄端唄(はうた)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

声明曲(しようみようきよく)の曲名,また種類名。〈唄匿(ばいのく∥ばいとく)〉の略。法要の初めに身心を静める意味で唱える曲で,職衆(しきしゆう)中の上席者である唄師が荘重に独唱する。字音を長く引き伸ばしながらユリなどの節を重ね,ゆったりと進行する曲節である。《云何唄(うんがばい)》《始段唄(しだんばい)(《如来唄》)》《毀形唄(きぎようばい)(《出家唄》)》などがある。別に,《三礼文(さんらいもん)》に引き続いて唱えたりする短い節の《如来唄(《中唄(ちゆうばい)》)》や,法要の終り近くに唱える《後唄(ごばい)(《処世界梵》)》があるが,唄の本来の性格は薄いといえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

唄匿ばいのくの略
声明の曲種の一。歌詞は偈頌げじゆの類。音節を非常に長く延ばして唱える。「如来唄」「云何うんが唄」など。法会ほうえの始まりの部分で唄師が独唱し、道場を厳粛にする役割があるとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (pathaka の音訳、唄匿(ばいのく)の略) 仏語。
① 仏教儀式で唱える歌謡。漢語または梵語で偈(げ)・頌(しょう)を詠歌し、三宝の功徳を賛嘆するもの。短い詞章を一音一音長く引き伸ばして時間をかけてうたうことが多い。
※参天台五台山記(1072‐73)一「有講会。先唄無散花作法」 〔高僧伝‐一三〕
② 「ばいし(唄師)」の略。
※左経記‐寛仁四年(1020)三月二二日「唄二人〈前小僧都心誉、法眼和尚位源賢〉」
法会の時、諷誦に使用する楽器。唄器
※米沢本沙石集(1283)八「唄(バイ)ひくほどに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【四箇法要】より

…〈しかのほうよう〉とも読む。《(ばい)》《散花(さんげ)》《梵音(ぼんのん)》《錫杖(しやくじよう)》の四箇の声明曲(しようみようきよく)を具備した法要をさす。またこの4曲自体をさすこともあり,〈四箇法要付きの舎利講式〉というような言い方も行われる。…

【二箇法要】より

…〈にかのほうよう〉とも読む。《(ばい)》《散花(さんげ)》の二箇の声明曲(しようみようきよく)を具備した法要を指す。また,この2曲自体を指すこともあり,〈二箇法要付きの大般若転読〉というような言い方も行われる。…

【唄師】より

…仏教儀式で唱えられる声明曲(しようみようきよく)《(ばい)》を独唱する役の僧侶。仏教儀式には,顕教系と密教系があるが,顕教では四箇法要(しかほうよう)として《唄》《散花》《梵音(ぼんのん)》《錫杖(しやくじよう)》の4曲を,密教では二箇法要として《唄》《散花》を唱える。…

※「唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唄の関連情報