コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如来唄 ニョライバイ

デジタル大辞泉の解説

にょらい‐ばい【如来唄】

如来をたたえた勝鬘経(しょうまんぎょう)の8句の偈(げ)を梵唄(ぼんばい)の調子で歌うもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にょらいばい【如来唄】

声明曲(しようみようきよく)の曲名。〈(ばい)〉の一種。〈如来妙色身……〉という詞章なのでこの名がある。広く諸宗派で用い,同一宗派で2種の曲節をもつ例も多い。その場合,1種は字音を長く引き伸ばしながらユリなどのフシ(節)を重ねていく曲節であり,1種は比較的簡単な曲節で短く唱える。前者は,法要の初めに身心を静める意味で唱えるもので,職衆(しきしゆう)中の上席者である唄師が荘重に独唱する。後者は導師が《三礼文(さんらいもん)》に引き続いて唱えることが多く,職衆が斉唱で呼応する宗派もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にょらいばい【如来唄】

〘仏〙 梵唄ぼんばいの調子で唄う、仏の徳をたたえる内容の八句の偈。出典は勝鬘経しようまんぎよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の如来唄の言及

【唄】より

…字音を長く引き伸ばしながらユリなどの節を重ね,ゆったりと進行する曲節である。《云何唄(うんがばい)》《始段唄(しだんばい)(《如来唄》)》《毀形唄(きぎようばい)(《出家唄》)》などがある。別に,《三礼文(さんらいもん)》に引き続いて唱えたりする短い節の《如来唄(《中唄(ちゆうばい)》)》や,法要の終り近くに唱える《後唄(ごばい)(《処世界梵》)》があるが,唄の本来の性格は薄いといえる。…

※「如来唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android