コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨釜半造 オオガマハンゾウ

2件 の用語解説(巨釜半造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおがま‐はんぞう〔おほがまハンザウ〕【巨釜半造】

宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島にある海岸。太平洋に突出した所で、北を巨釜、南を半造という。巨釜には、明治時代三陸大津波で先端部が折れたという高さ16メートルの大理石の折石が立つ。半造には海食洞が多く見られる。おがまはんぞう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕巨釜半造(おがまはんぞう)


宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島東岸の海食海岸。北側の巨釜は海中にそそり立つ大理石柱の折石(おれいし)など奇岩がみられ、その南0.5kmにある半造には海食洞が多い。陸中(りくちゅう)海岸国立公園南部を代表する景勝地で、周辺を巡る遊歩道が設置されている。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨釜半造の関連キーワード唐桑唐桑半島桑名気仙沼常陸蟹田[町]唐桑[町]鈴木哲朗蓬田[村]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone