コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨釜半造 オオガマハンゾウ

2件 の用語解説(巨釜半造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおがま‐はんぞう〔おほがまハンザウ〕【巨釜半造】

宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島にある海岸。太平洋に突出した所で、北を巨釜、南を半造という。巨釜には、明治時代三陸大津波で先端部が折れたという高さ16メートルの大理石の折石が立つ。半造には海食洞が多く見られる。おがまはんぞう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕巨釜半造(おがまはんぞう)


宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島東岸の海食海岸。北側の巨釜は海中にそそり立つ大理石柱の折石(おれいし)など奇岩がみられ、その南0.5kmにある半造には海食洞が多い。陸中(りくちゅう)海岸国立公園南部を代表する景勝地で、周辺を巡る遊歩道が設置されている。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone