コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めでたい メデタイ

1件 の用語解説(めでたいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めでた・い

[形][文]めでた・し[ク]《動詞「め(愛)ず」の連用形「めで」に形容詞「いたし」の付いた「めでいたし」の音変化》
喜び祝うに値するさま。喜ばしい。「―・く成功する」「―・い席」
評価・評判などがよい。「社長の覚えが―・い」
(多く「おめでたい」の形で)お人よしである。人がよすぎてだまされやすい。「これで承知するなんて―・い人だね」
賞美する価値があるさま。みごとである。
「散ればこそいとど桜は―・けれうき世になにか久しかるべき」〈伊勢・八二〉
[補説]「目出度い」「芽出度い」などと当てて書く。
[派生]めでたがる[動ラ五]めでたげ[形動]めでたさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めでたいの関連キーワード厳いおめでた酸い召されるめでたくなるめでたしめでたし御目出度いひす・いめ・く愛だし

めでたいの関連情報