愚直(読み)グチョク

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐ちょく【愚直】

[名・形動]正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。ばか正直。「愚直に生きる」
[派生]ぐちょくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐちょく【愚直】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
正直すぎて気のきかない・こと(さま)。馬鹿正直。 「 -な男」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐ‐ちょく【愚直】

〘名〙 (形動) 知恵がなく正一途(いちず)で、臨機応変の才がないこと。また、正直すぎて気がきかないさま。ばか正直。
※応永本論語抄(1420)先進第一一「其義を守て身命を失ふべきに非ず。是等を以て見に愚直なる処分明也」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「村落辺境の民は、愚直(グチョク)にしてたのもしげ也」 〔宋史‐李綱伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚直の関連情報