コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴水効果(流体) fountain effect

法則の辞典の解説

噴水効果【fountain effect】

液体ヘリウム(He II)に,内部にエメリーの粉末を充てんし,上下を金網で押さえた管を毛細管の下端に取り付けて浸し,エメリー粉末に光を照射すると,液体ヘリウムが管を通って噴水状に吹き出す.これはエメリー粉末が光を吸してわずかながら周囲より高温となるため噴水圧が生じる結果である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

噴水効果(流体)の関連キーワードメカノカロリック効果超流動ヘリウム4シャワー効果二流体理論デパ地下超流動

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android