コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴水効果(流体) fountain effect

1件 の用語解説(噴水効果(流体)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

噴水効果【fountain effect】

液体ヘリウム(He II)に,内部にエメリーの粉末を充てんし,上下を金網で押さえた管を毛細管の下端に取り付けて浸し,エメリー粉末に光を照射すると,液体ヘリウムが管を通って噴水状に吹き出す.これはエメリー粉末が光を吸してわずかながら周囲より高温となるため噴水圧が生じる結果である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴水効果(流体)の関連キーワード液体ヘリウムセニエット塩λ転移珪酸ナトリウム超流体メソトリウムケステリッツ‐トゥーレス転移ヘリウム指数ポメランチュク効果ボリウム (borium)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone