噴水効果(流体)(英語表記)fountain effect

法則の辞典の解説

噴水効果【fountain effect】

液体ヘリウム(He II)に,内部にエメリーの粉末を充てんし,上下を金網で押さえた管を毛細管の下端に取り付けて浸し,エメリー粉末に光を照射すると,液体ヘリウムが管を通って噴水状に吹き出す.これはエメリー粉末が光を吸してわずかながら周囲より高温となるため噴水圧が生じる結果である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android