コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚢胚 のうはいgastrula

翻訳|gastrula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嚢胚
のうはい
gastrula

原腸ともいう。後生動物発生胞胚に次ぐ時期 (嚢胚期) の胚。内外2層の壁をもった袋状の胚。典型的な嚢胚はナメクジウオ,ヒトデでみられ,1層の壁で囲まれた中空の胞胚からその植物極側の細胞層が陥入して2層の壁をもつ嚢胚となったもので,新たに形成された空所を原腸,その開口部を原口と呼び,将来の消化管のもととなる。胞胚から嚢胚形成の過程は発生過程中でも特に細胞群の著しい運動が示される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

嚢胚【のうはい】

原腸胚とも。後生動物の発生過程で胞胚に次ぐ発生段階にある胚。一重の細胞層からなるボール状の胞胚の一部分が内部へ陥入して2層の構造となったもの。内部にできた腔所は原腸で,その内壁を内胚葉,外壁を外胚葉といい,この間に中胚葉が形成される。
→関連項目発生プルテウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嚢胚
のうはい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

嚢胚の関連キーワードオルガナイザーイソギンチャクビュッチュリトロコフォラ腔腸動物胚域分化原腸形成形態形成形成体クラゲ桑実胚体腔

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android