コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四元数 しげんすう algebra of quaternion

4件 の用語解説(四元数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四元数
しげんすう
algebra of quaternion

4つの底1,ijki2j2k2=-1 ,ij=-jikjk=-kjiki=-ikj を満たすようにとるとき,実数 x0x1x2x3 を係数として,xx0x1ix2jx3k と表わされる数を四元数という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

四元数【しげんすう】

複素数を拡張したもので四つの単位1,i,j,kをもち,a,b,c,dを実数としてa+bi+cj+dkの形で表される。二つの四元数の加減は複素数の場合と同様だが積についてはi2=j2=k2=−1,ij=−ji=k,jk=−kj=i,ki=−ik=jとなる。
→関連項目代数学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しげんすう【四元数 quaternion】

複素数の一つの拡張として,W.R.ハミルトンによって考えだされた数である。四元数αは2乗して-1になる三つの数i,j,kによって, α=abicjdk (a,b,c,dは実数) と表され,二つの四元数α,α′(=a′+bicjdk)の和は, α+α′=(aa′)+(bb′)i  +(cc′)j+(dd′)kで定められる。二つの四元数の積は, ij=-jik,jk=-kji,  ki=-ikjを用いて定められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四元数
しげんすう
quaternion

四つの元1、i、j、kを基底とする実数体R上の線形空間Hを、1を乗法についての単位元とし、
(1)i2=j2=k2=-1
(2)ij=-ji=k, jk=-kj=i, ki=-ik=j
(3)a(xy)=(ax)y=x(ay) (a∈R, x, y∈H)を満たすように乗法を定義することにより、乗法について可換でない体にすることができる。このHを四元数体といい、Hの元
(4)x=a1+bi+cj+dk (a, b, c, d∈R)を四元数という。とくに、(4)でb=c=d=0のような四元数xは実数aであり、c=d=0のようなxは複素数a+biである。この意味で、四元数体Hは実数体Rと複素数体Cを部分体として含んでいる。実際、R上有限次線形空間になっている(かならずしも乗法が可換でない)体はR、C、Hに限ることが知られている。
 (4)の四元数xに対し、四元数a1-bi-cj-dkをと書き、xの共役四元数といい、

なる実数をN(x)と書き、xのノルムという。
  x=0⇔N(x)=0
が成り立ち、x≠0なら、xの逆元は

 四元数はイギリスの数学者ハミルトンによって1843年に発見されたので、ハミルトンの四元数ともいう。この発見が多元数論の出発点になった。[菅野恒雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四元数の関連キーワードライン拡張ガウス平面関数論虚数収束半径複素数平方根共役複素数複素関数p進数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四元数の関連情報