コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合法則 けつごうほうそく associative law

6件 の用語解説(結合法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結合法則
けつごうほうそく
associative law

結合律ともいう。演算 * の定義された集合 S において S の任意の3つの元 xyz に対して x*(yz)=(xy)*z が成り立つとき,この演算 * は結合法則を満たすという。整数,有理数,実数,複素数などの集合では,演算 + (加法) ,および演算・ (乗法) がいずれも結合法則を満たしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けつごう‐ほうそく〔ケツガフハフソク〕【結合法則】

数の加法・乗法で、演算の結合方法を変えることができる法則。加法ではa+(bc)=(ab)+cが、乗法ではa・(bc)=(ab)・cが成り立つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

結合法則【けつごうほうそく】

集合Sの任意の要素a,bの間に演算a・bが定義されていて,(a・b)・c=a・(b・c)が任意のa,b,cについて成り立つとき,この演算は結合法則を満足するという。
→関連項目交換法則四元数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けつごうほうそく【結合法則 associative law】

整数p,q,rについて,それらの和,積を考えると,それぞれ,p+(qr)=(pq)+r,p×(q×r)=(p×qrである。これらを整数(環)の加法および乗法に関する結合法則という。一般に,集合Aにおける演算*が,Aの元a,b,cについて,a*(bc)=(ab)*cを満たすとき,演算*は結合法則を満たすという。群の乗法や,環の加法,乗法は,それぞれ結合法則を満たす。例えば,二次の正方行列の和,積は,ともに結合法則を満たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けつごうほうそく【結合法則】

〘数〙 加法では(a b )+c a +(b c )、乗法では(a ×b )×c a ×(b ×c )が成り立つこと。一般に算法◦が(a b )◦c a ◦(b c )を満たすとき、算法◦では結合法則が成り立つという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結合法則
けつごうほうそく
associative law

算法の結合の順序に関する法則。結合律ともいう。たとえば2+(3+5)や(2+3)+5はともに10であり、2×(3×5)や(2×3)×5はともに30に等しいというように、一つの算法()と元a、b、cについて、最初にaとbを結合し、その結果にcを結合したもの(ab)cと、aと先にbとcを結合した結果との結合a(bc)が等しいという法則である。つまりa、b、cの順序のみに関係して結合の順には関係しないという法則である。この法則は数の加法(+)、乗法(×)、写像の合成()などについて成立するのみならず、たとえば命題についてもAand(BandC)と(AandB)andCが同値であるという意味で成立する。しかしたとえば、(2÷3)÷2=2/6であるが2÷(3÷2)=4/3のように結合法則の成立しない例も多い。[難波完爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結合法則の関連キーワード距離空間交換法則整数論必要十分条件分配法則含意後件同値相反法則(整数論)レンズ空間

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone