法蔵比丘(読み)ホウゾウビク

  • ほうぞうびく ホフザウ‥
  • ほうぞうびく〔ホフザウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

説経節の曲名天満(てんま)八太夫正本で,刊行は延宝か天和(1673‐84)ころ。他に佐渡七太夫の正本もある。中世の物語《阿弥陀の本地》と内容は同じで六段構成。放浪の末,帝位に就いた千じょう太子(法蔵比丘)は別れた2人の若に(いわや)で再会する。の阿閦夫人(あしゆくぶにん)の死を知って驚くが,それは太子の永い不在が原因であった。太子をなじり〈母を返せ〉と迫る若の嘆きに説経らしい情感が漂う。夫人は薬師如来に,太子は阿弥陀如来に,2人の若は観音勢至菩薩に転生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 阿彌陀如来が世自在王仏のもとにあって修業中の、仏にならない以前の名。法蔵菩薩。法蔵。
※百座法談(1110)閏七月一一日「阿彌陀如来法蔵比丘のいにしへ、たて給ふところの八の願の中において」
[二] 浄瑠璃。五段(六段本もある)。説経節で行なわれたものが古く、古浄瑠璃の諸流に正本がある。古代インドのセンジョウ太子とアシュク夫人の本地を阿彌陀と薬師として構想したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android