コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法蔵比丘 ホウゾウビク

世界大百科事典 第2版の解説

ほうぞうびく【法蔵比丘】

説経節の曲名。天満(てんま)八太夫正本で,刊行は延宝天和(1673‐84)ころ。他に佐渡七太夫の正本もある。中世の物語《阿弥陀本地》と内容は同じで六段構成。放浪の末,帝位に就いた千じょう太子(法蔵比丘)は別れた2人の若に窟(いわや)で再会する。后の阿閦夫人(あしゆくぶにん)の死を知って驚くが,それは太子の永い不在が原因であった。太子をなじり〈母を返せ〉と迫る若の嘆きに説経らしい情感が漂う。夫人は薬師如来に,太子は阿弥陀如来に,2人の若は観音,勢至菩薩に転生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうぞうびく【法蔵比丘】

法蔵 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法蔵比丘の関連キーワード結城孫三郎四十八願不取正覚阿弥陀仏五劫思惟説経節天馬本願

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法蔵比丘の関連情報