コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択本願 せんじゃくほんがん

3件 の用語解説(選択本願の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択本願
せんじゃくほんがん

浄土宗の西山派や鎮西派では,「せんちゃくほんがん」と読む。阿弥陀仏の 48の誓願のなかの第 18願のこと。阿弥陀仏が法蔵菩薩の位にあって修行をしていたとき,諸仏の国土を見て回り,すぐれた国土を選びとって建立された本願という意味。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんちゃく‐ほんがん〔‐ホングワン〕【選択本願】

仏語。阿弥陀仏が法蔵菩薩(ぼさつ)であったとき、諸仏の立てた誓いの中から最もすぐれたものとして選び取った四十八の誓願。特に、その第十八願の誓願。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんじゃくほんがん【選択本願】

〘仏〙 阿弥陀仏の四十八願。特に第十八願の誓願をいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選択本願の関連情報