コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四国海盆 しこくかいぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四国海盆
しこくかいぼん

四国地方紀伊半島南方に広がる海盆。西はパラオ-九州海嶺,東は伊豆-小笠原海嶺,北は南海トラフ,南は西マリアナ海盆に接する。水深 4000~5000mの深海底。北部の海底は数百mの堆積物で覆われた深海平原,中央部を北北東から南南東に走る海山列がある。底質は主として赤色粘土からなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕四国海盆(しこくかいぼん)


本州南岸沖から四国南岸沖に広がる海盆。フィリピン海北東部を占め、北は南海舟状(なんかいしゅうじょう)海盆(南海トラフ)、東は西七島海嶺(にししちとうかいれい)、西は九州-パラオ海嶺に区切られ、南は西マリアナ海盆に接する。北部は水深4000m前後で、南西に傾斜し最深部は水深5900mに達する。中央を紀南(きなん)海山列が南南東に延びる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四国海盆
しこくかいぼん

四国および本州南方の西を九州パラオ海嶺(かいれい)、東を伊豆・小笠原(おがさわら)海嶺でくぎられ、南をマリアナ海盆に接した海域をいう。水深は4000~5000メートルで、海底地形は比較的平坦(へいたん)である。海盆の中央部は黒潮反流で、南部は亜熱帯反流の一部で覆われている。また北部には四国沖暖水塊がほぼ定常的に存在し、太平洋中でもっとも海面の水位(力学的高度偏差)が高くなっている。[長坂昂一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四国海盆の言及

【フィリピン海】より

…その北端には沖大東海嶺,大東海嶺(南・北大東島はこの上にある隆起サンゴ礁である),奄美海台という三つの古島弧がある。九州・パラオ海嶺の東側の海底は,北を四国海盆,南をパレス・ベラ海盆と呼ぶが,どちらも約3000万年前から1500万年前ころまでに拡大してできた海盆であり,4500mないし5000mの水深をもつ。そのさらに東には,西七島海嶺から西マリアナ海嶺へつづく古島弧がある。…

※「四国海盆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四国海盆の関連キーワード大陸棚限界委員会九州・パラオ海嶺海盆(かいぼん)九州西七島海嶺紀南海山列沖ノ鳥島トラフ盆地紀南

四国海盆の関連情報