コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四箇遺跡 しかいせき

1件 の用語解説(四箇遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しかいせき【四箇遺跡】

福岡市早良区四箇にある縄文時代早期末~弥生時代の遺跡。福岡市の西部,早良平野の奥にあり,博多湾にそそぐ室見川扇状地の微高地に立地する。1974‐77年に数回にわたって,A,B,C,J‐10,四箇東地点の調査が行われた。A地点は,西平式の系統を引く三万田式の中でも古い時代に属する土器群が出土する。特殊泥炭層が検出され,木製容器,木刀状漆器や,十字形石器,石皿,注口土器などが出土している。B地点は,早期末~前期の轟B式,曾畑式土器,J‐10区ではA地点と同じ後期の土器が出土する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四箇遺跡の関連キーワード早良区縄文時代尖底土器津雲貝塚西南学院大学早良岩田遺跡大将軍遺跡東名遺跡シティアスコム

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone