コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四箇遺跡 しかいせき

世界大百科事典 第2版の解説

しかいせき【四箇遺跡】

福岡市早良区四箇にある縄文時代早期末~弥生時代の遺跡。福岡市の西部,早良平野の奥にあり,博多湾にそそぐ室見川扇状地の微高地に立地する。1974‐77年に数回にわたって,A,B,C,J‐10,四箇東地点の調査が行われた。A地点は,西平式の系統を引く三万田式の中でも古い時代に属する土器群が出土する。特殊泥炭層が検出され,木製容器,木刀状漆器や,十字形石器,石皿注口土器などが出土している。B地点は,早期末~前期の轟B式,曾畑式土器,J‐10区ではA地点と同じ後期の土器が出土する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報