早良区(読み)さわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早良〔区〕
さわら

福岡県北西部,福岡市の西部にある区。 1972年の政令都市指定で新設された西区が 82年5月に3分割され,城南区,西区および早良区となった。ほぼ東は国道 263号線で城南区と,西は室見川で西区とそれぞれ接し,南端は背振山地。南半は広い農村地域,北半は大型団地を中心に住宅地化が著しく,西新 (にしじん) はその中心商店街として発達。博多湾岸の百道 (ももち) 浜には公園や博物館があり,シーサイドももちとして整備されている。同博物館には国宝倭奴国王印 (金印) ,太刀が所蔵され,内野西光寺には国宝の梵鐘がある。元寇防塁 (史跡) ,高取焼窯,曲渕貯水池,脊振山などの名所,西南学院大学福岡歯科大学などがある。面積 95.87km2。人口 21万7877(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早良区の関連情報