因果物語(読み)インガモノガタリ

大辞林 第三版の解説

いんがものがたり【因果物語】

仮名草子。鈴木正三作。片仮名本三巻(1661年刊)は義雲・雲歩編。平仮名本六巻(1658~9年頃刊)は恵中編か。仏教的な因果応報を記した怪異談集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因果物語
いんがものがたり

江戸初期の仮名草子。鈴木正三(しょうぞう)の遺稿を弟子の義雲(ぎうん)、雲歩(うんぽ)両名が刊行した片仮名交じり本。3巻(先に出た絵入り平仮名十一行本6巻は了意筆)。1661年(寛文1)刊。各説話ともに正三自身が見聞した諸国の怪異譚(たん)で、すべて仏教的因果応報の事実として、時、処(ところ)、名などを掲げ「聞ク人慥(たし)カニ語ル也(なり)」「見タル人多シ」などと言い添えてリアリティを強調している。しかし、その意図された教訓性よりも、むしろ説話的興味によって世に迎えられ版を重ねた。西鶴(さいかく)の『新因果物語』、青木鷺水(ろすい)の『近代因果物語』などその名を冠した作が多く行われた。[青山忠一]
『『因果物語』(片仮名本・1962・古典文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いんが‐ものがたり イングヮ‥【因果物語】

[1] 因果応報の事を題材とした物語。
浮世草子世間胸算用(1692)三「因果(イング)物かたりの書物、くり返しくり返し読つづけて」
[2] 江戸前期の仮名草子。鈴木正三編述。寛文元年(一六六一)板行の三巻の片仮名本と、寛文年間(一六六一‐七三)板行の六巻の平仮名本がある。正三が、仏法談義のための材料として、怪異譚・因果譚を収集したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

因果物語の関連情報