コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因果物語 インガモノガタリ

3件 の用語解説(因果物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いんがものがたり〔イングワものがたり〕【因果物語】

江戸前期の仮名草子鈴木正三作。寛文元年(1661)刊。仏教の因果話を中心に、諸国の怪異・奇談を談義調でつづったもの。片仮名本3巻は義雲・雲歩編。先に出た平仮名本6巻は恵中編か。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いんがものがたり【因果物語】

仮名草子。鈴木正三作。片仮名本三巻(1661年刊)は義雲・雲歩編。平仮名本六巻(1658~9年頃刊)は恵中編か。仏教的な因果応報を記した怪異談集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因果物語
いんがものがたり

江戸初期の仮名草子。鈴木正三(しょうぞう)の遺稿を弟子の義雲(ぎうん)、雲歩(うんぽ)両名が刊行した片仮名交じり本。3巻(先に出た絵入り平仮名十一行本6巻は了意筆)。1661年(寛文1)刊。各説話ともに正三自身が見聞した諸国の怪異譚(たん)で、すべて仏教的因果応報の事実として、時、処(ところ)、名などを掲げ「聞ク人慥(たし)カニ語ル也(なり)」「見タル人多シ」などと言い添えてリアリティを強調している。しかし、その意図された教訓性よりも、むしろ説話的興味によって世に迎えられ版を重ねた。西鶴(さいかく)の『新因果物語』、青木鷺水(ろすい)の『近代因果物語』などその名を冠した作が多く行われた。[青山忠一]
『『因果物語』(片仮名本・1962・古典文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因果物語の関連キーワード山科言總仮名草子鈴木正三三浦為春仮名本茨木春朔恵中小亀勤斎高木正豊苗村常伯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

因果物語の関連情報