コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国太夫節 クニタユウブシ

3件 の用語解説(国太夫節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くにたゆう‐ぶし〔くにタイフ‐〕【国夫節】

浄瑠璃の流派の一。享保(1716~1736)初期、一中節から一派を立てた都国太夫半中が始めたもの。のち宮古路(みやこじ)豊後と名のったので、豊後節とよばれる。半中節。宮古路節
1から分かれて上方(かみがた)で行われた浄瑠璃の諸流の総称。薗八(そのはち)節繁太夫節正伝節など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

国太夫(くにだゆう)節

古典落語の演目のひとつ。「粥(かい)やろう」の別題。「国太夫節」宝永年間に始まり、天保の頃まで歌われた浄瑠璃節

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くにたゆうぶし【国太夫節】

上方浄瑠璃の一。宝永(1704~1711)頃、都一中の門弟、都国太夫半中(宮古路豊後掾ぶんごのじよう)が語り始めたもの。半中はんちゆう節。宮古路(都路)節。
の系統の浄瑠璃のうち、薗八そのはち節など、上方中心に行われた諸流の総称。 → 豊後節

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国太夫節の言及

【豊後節】より

…《宮古路月下の梅》《宮古路大寄蔵》など宮古路を頭におく各種の正本類もすべて同じである。これらを総称して,宝暦・明和(1751‐72)のころは〈国太夫節〉あるいは〈宮古路浄瑠璃〉(ともに,もとは豊後掾を名のる以前の宮古路国太夫半中が上方で語った浄瑠璃の称)といい,天明(1781‐89)以降は〈豊後節〉あるいは単に〈ぶんご〉といい,幕末まで行われた。その一部は5世都一中の時代に江戸の一中節に移され,現存している。…

【宮古路薗八】より

…初世の没後2世を継いだが,1762年(宝暦12)ころ宮薗豊前と改名,さらに66年(明和3)宮薗鸞鳳軒(らんぽうけん)と改め,宮薗節を創始した。劇場出演はなかったが,当時上方で盛んだった国太夫節(豊後節)の統領的存在であったらしい。美声で作詞・作曲に優れ,多くの作品を書いたが,現在10段が残されている。…

※「国太夫節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国太夫節の関連キーワード自然淘汰上原上野町上野山上町上瀬上川原上久保上里

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone