コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国太夫節 クニタユウブシ

3件 の用語解説(国太夫節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くにたゆう‐ぶし〔くにタイフ‐〕【国夫節】

浄瑠璃の流派の一。享保(1716~1736)初期、一中節から一派を立てた都国太夫半中が始めたもの。のち宮古路(みやこじ)豊後と名のったので、豊後節とよばれる。半中節。宮古路節
1から分かれて上方(かみがた)で行われた浄瑠璃の諸流の総称。薗八(そのはち)節繁太夫節正伝節など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くにたゆうぶし【国太夫節】

上方浄瑠璃の一。宝永(1704~1711)頃、都一中の門弟、都国太夫半中(宮古路豊後掾ぶんごのじよう)が語り始めたもの。半中はんちゆう節。宮古路(都路)節。
の系統の浄瑠璃のうち、薗八そのはち節など、上方中心に行われた諸流の総称。 → 豊後節

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国太夫節の言及

【豊後節】より

…《宮古路月下の梅》《宮古路大寄蔵》など宮古路を頭におく各種の正本類もすべて同じである。これらを総称して,宝暦・明和(1751‐72)のころは〈国太夫節〉あるいは〈宮古路浄瑠璃〉(ともに,もとは豊後掾を名のる以前の宮古路国太夫半中が上方で語った浄瑠璃の称)といい,天明(1781‐89)以降は〈豊後節〉あるいは単に〈ぶんご〉といい,幕末まで行われた。その一部は5世都一中の時代に江戸の一中節に移され,現存している。…

【宮古路薗八】より

…初世の没後2世を継いだが,1762年(宝暦12)ころ宮薗豊前と改名,さらに66年(明和3)宮薗鸞鳳軒(らんぽうけん)と改め,宮薗節を創始した。劇場出演はなかったが,当時上方で盛んだった国太夫節(豊後節)の統領的存在であったらしい。美声で作詞・作曲に優れ,多くの作品を書いたが,現在10段が残されている。…

※「国太夫節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国太夫節の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革ケンペル享保改革蕪村徳川家継天降言大薩摩節新田開発

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone