コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国津罪 くにつつみ

3件 の用語解説(国津罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国津罪
くにつつみ

古代における罪の一種。大祓詞 (おおはらいのことば) (『延喜式』所載) には,その例として,生膚断 (いきはだだち) ,死膚断 (しにはだだち) ,白人 (しろひと) ,胡久美 (こくみ) ,己が母犯せる罪,己が子犯せる罪,母と子と犯せる罪,畜 (けもの) 犯せる罪,昆虫 (はうむし) の災 (わざわい) ,高津神 (たかつかみ) の災,高津鳥の災,畜仆 (けものたおし) ,蠱物 (まじもの) せる罪の 13種,『大神宮儀式帳』には,これ以外に川入 (かわいり) ,火焼 (ひやき) の2つがみえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国津罪【くにつつみ】

日本古代における罪の分類。天津罪(あまつつみ)の対。《延喜式(えんぎしき)》の〈大祓詞(おおはらえのことば)〉では近親相姦(そうかん),生物に対する傷害など14種をあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国津罪
くにつつみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国津罪の言及

【天津罪・国津罪】より

…《古事記》や《日本書紀》の神代の巻にはアマテラス(天照)大神の農耕や祭祀を妨害したスサノオ(素戔嗚)神のさまざまな罪があげられ,《古事記》の仲哀天皇の段にもそのような罪による穢(けがれ)を除去するために〈国の大祓(おおはらえ)〉をしたことがみえる。それらは後の〈大祓詞〉という祝詞(のりと)で天津罪と国津罪とに分けられ,前者としては(1)畔放(あはなち),(2)溝埋(みぞうみ),(3)樋放(ひはなち),(4)頻蒔(しきまき),(5)串刺(くしざし),(6)生剝(いけはぎ),(7)逆剝(さかはぎ),(8)屎戸(くそへ)(脱糞の意)の8種,後者としては(1)生膚断(いきはだだち),(2)死膚断(しにはだだち),(3)白人(しろひと),(4)胡久美(こくみ)(瘤(こぶ)や疣(いぼ)など),(5)己が母犯せる罪,(6)己が子犯せる罪,(7)母と子と犯せる罪,(8)子と母と犯せる罪,(9)畜(けもの)犯せる罪,(10)昆虫(はうむし)の災,(11)高津神の災,(12)高津鳥の災,(13)畜仆(たお)し,(14)蠱物(まじもの)する罪の14種が列挙されるに至った。これらのうちで,天津罪の(1)~(5)は農耕妨害,(6)~(8)は祭祀の場をけがす行為,国津罪の(1)(2)は身体損壊,(3)(4)は皮膚疾患,(5)~(8)は近親相姦,(9)は獣姦,(10)~(12)は農業災害,(13)(14)は呪詛をそれぞれ指すとみられているが,なかには例えば近親相姦の4種のように同じ罪の呼びかえにすぎないと思われる場合もあって,分類や列挙の規準は明確でない。…

【罪】より

… 日本には古来,人間による悪行とともに穢(けが)れや禍(わざわい)などをも含めた神道的な罪の観念があった。すなわち農耕を妨害して神祭りを冒瀆する天津罪(あまつつみ)や社会秩序を破壊する国津罪(くにつつみ)は前者の悪行に属するが(天津罪・国津罪),同時に死や病気,けがや出産の穢れ,天変地異など人間生活を脅かすものも罪であるとし,それらを除去して正常な状態にひきもどすためいろいろな祓(はらい)や禊(みそぎ)が必要であるとされた。日本の場合,罪は祓や禊によって容易に除去されるという意識が強く働き,先の浄土教的な罪業意識は深くは浸透しなかったといえよう。…

※「国津罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone