コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穢れ けがれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穢れ
けがれ

不浄,汚穢 (おわい) ともいう。出産,死,月経,あるいは動物食をはじめとする異常食事などによって,当事者およびその関係者に付与される異常状況をいう。穢れた者が神社などに接近することや祭祀に参加することを拒否したり,また産屋喪屋月経小屋などに隔離し,別火の食事を強制するなど,穢れていない者との社会的断絶をはかることが広く行われている。穢れた者も一定期間が経過すれば,穢れが晴れて正常な状況に復帰する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

穢れ【けがれ】

日本の禁忌についての観念の一つ。不浄の(いみ)。出産・葬送に関するものが主で,失火,婦人の月事,家畜の死,病気などが含まれ,宮廷では朝参が禁じられ,狩猟者・炭焼などは山に入ることを忌む。
→関連項目国津罪上巳ハレ(民俗)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

穢れの関連キーワード流しびな(流し雛)サラスバティー空しい・虚しい流し雛[用瀬]禁忌(民俗)チャンダーラ聖(せい)言ひ出だす大直日神忌籠り祭産の忌穀断ち神葬祭流れ仏修二会修正会月小屋黒不浄別火屋見捨地

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穢れの関連情報