コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際現代音楽協会 こくさいげんだいおんがくきょうかい International Society for Contemporary Music; ISCM

2件 の用語解説(国際現代音楽協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際現代音楽協会
こくさいげんだいおんがくきょうかい
International Society for Contemporary Music; ISCM

同時代の作品の普及を目的として,作曲家たちによって 1922年,オーストリアザルツブルクに設立された協会。現在本部はロンドンにある。最大の行事は「国際現代音楽祭 (世界音楽の日々) 」であり,毎年場所を変えて開催される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際現代音楽協会
こくさいげんだいおんがくきょうかい

1年ごとにその年の新しい音楽作品のエッセンスを発表しあうことを目標に、1922年に創設された国際組織。本部はロンドン。英・独・仏語の三つの表記International Society for Contemporary Music (ISCM)/Internationale Gesellschaft fr Neue Musik(IGNM)/Socit Internationale de la Musique Contemporaine (SIMC)を正式名称とする。目標実現のために音楽祭を世界各地で順次開催、第1回は23年ザルツブルクで催された。34年ナチスにより対抗組織の国際作曲家組合がリヒャルト・シュトラウスを会長に迎えて設立され、戦火の拡大とともに活動は衰えたが、第二次世界大戦後はふたたび活発な活動が行われるようになり、現代音楽の重要な作品がこの音楽祭で次々に初演された。そのなかにはウェーベルンのカンタータ第2番(ブリュッセル、1950)、ブーレーズの『ル・マルトー・サン・メートル』(バーデン・バーデン、1955)などが含まれている。71年規約を改め、商業主義や政治とは無関係で、各国が対等の権利をもち、とくに小国の現代音楽振興にも寄与するのが目標と定められた。
 日本支部として日本現代音楽協会(現音)があるが、同協会は1930年(昭和5)に発足した新興作曲家連盟を母体とし、国際現代音楽協会には35年に加入している。一時除名されたが49年再加盟。2001年(平成13)10月には、協会加盟支部の持ち回りで毎年開かれる音楽祭「世界音楽の日々」が横浜で開催された。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際現代音楽協会の関連キーワードトメJIIIグラゴル・ミサ嘆きの歌ロッシーニ・オペラ・フェスティバル調味加工品金井喜久子ヴォルフ=フェラーリグァルニェリ宝塚友の会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際現代音楽協会の関連情報