コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地分類図 とちぶんるいず land classification map

2件 の用語解説(土地分類図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地分類図
とちぶんるいず
land classification map

土地の地形,土壌,地質,植生,土地利用などについての自然的要素の組み合わせによって等質的な地域に分類した主題図。国土調査法 (昭和 26年法律 180号) による土地分類調査に基づいて作成しており,地形分類図土壌分類図,表層地質図,土地利用図土地分級図で構成されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土地分類図
とちぶんるいず

国土の開発、利用の高度化および保全などに資する目的で、その実態を総合的に調査し、全国的に統一した内容と精度をもって作成される地図。日本では、1951年(昭和26)の国土調査法に基づき、54年から土地分類基本調査が開始され、縮尺5万分の1の地形分類図、土壌図、表層地質図の作成がそれぞれ国土地理院、当時の農業技術研究所(現・農業環境技術研究所)、地質調査所(現・地質調査総合センター)で進められ、のちに各都道府県に引き継がれた。20万分の1の土地分類図は、64年から78年に国土庁(74年に旧経済企画庁から移管。現国土交通省)により全国的に整備され、これを地方ブロック単位にまとめた『日本の自然と土地利用』(国土庁監修)が刊行された。[五條英司]
『国土調査研究会編『土地・水情報の基礎と応用――国土の均衡ある発展と保全に向けて』(1992・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土地分類図の関連キーワード主題図土地利用土地利用図土地利用規制土地利用計画土地鑑土地の日土壌調査土地利用調査土地利用度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地分類図の関連情報