コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地形分類図 ちけいぶんるいず

2件 の用語解説(地形分類図の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

地形分類図【ちけいぶんるいず】

地形の種類によって土地を分類し,地形図上に色彩や記号などでわかりやすく区分表示した地図。地形の分類単位は起伏,傾斜,谷のきざみの大小などの形態的分類に,地形の成因,形成営力,表層物質などの分類や,冠水地,地すべり地形などの土地災害に関する地形分類を加味した微地形的単位で,地形型とか地形面と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地形分類図
ちけいぶんるいず

地形の性質によって地表面を分類し、表示した地図。普通、山地、丘陵地、平地などに大区分し、侵食や堆積(たいせき)などの営力や形成時代、さらに礫(れき)、砂、泥といった構成物質などの観点から細分される。地形分類図は、地質、地盤、土壌、植生などの調査に役だつだけでなく、崩壊、洪水、地震などの災害危険度の推定が可能なところから、防災計画や開発計画の基礎資料となっている。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地形分類図の関連キーワード浸食輪廻壮年期地形地形学地形図地形測量幼年期地形地形取り地形区地形籠溶食

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地形分類図の関連情報