コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方久徴 ヒジカタヒサアキラ

デジタル大辞泉の解説

ひじかた‐ひさあきら〔ひぢかた‐〕【土方久徴】

[1870~1942]銀行家。三重の生まれ。日本銀行から日本興業銀行へ転じて総裁を務めた後、日銀に戻り副総裁・総裁に就任。金融恐慌世界恐慌への対策に尽力した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方久徴 ひじかた-ひさあきら

1870-1942 明治-昭和時代前期の銀行家。
明治3年9月14日生まれ。28年日本銀行にはいる。イギリス,ベルギーに留学。大正7年日本興業銀行総裁に転じ,15年日本銀行にもどり副総裁,昭和3年総裁となり,金融恐慌,金解禁などにとりくむ。貴族院議員。昭和17年8月25日死去。73歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土方久徴の関連キーワードレジスタンス文学国際オリンピック委員会森一生ガダルカナルの戦い東条英機内閣リーン普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史