コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方雄房 ひじかた かつふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方雄房 ひじかた-かつふさ

1711-1758 江戸時代中期の大名。
宝永8年4月1/21日生まれ。土方豊義の長男。享保(きょうほう)4年(1719)伊勢(いせ)(三重県)菰野(こもの)藩主土方家5代となる。幼少より学問をこのみ,伊藤東涯(とうがい)門下の竜崎泰守(やすもり)を侍講とし,その門弟を各地に遊学させて人材を養成。藩内の諸礼式をさだめた。生年は一説に宝永4年とも。宝暦8年11月20日死去。48歳。幼名は彦五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土方雄房の関連キーワード浮世草子伊藤単朴市川団十郎回り舞台佩文韻府秋山角左衛門御当家令条正徳会津農書稲村三伯

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone