コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地代論 ちだいろんtheory of rent; die Rententheorie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地代論
ちだいろん
theory of rent; die Rententheorie

地代が何によって決定されるかについての理論。初めて地代を流通からではなく生産から導き出したのは F.ケネーに代表される重農学派である。その後 J.アンダーソンは,地代は生産価格をこえる市場価格の超過分に等しいとし,地代の源泉が土地間での相対的生産性の差異であること,つまり差額地代の源泉を明らかにした。 A.スミスは,賃金や利潤の高低は価格の高低の原因であるが,地代の高低はその結果であるとしたが,これを継承して,古典派地代論を完成したのは D.リカードである。彼は差額地代を土地の肥沃度と位置の差異,優等地の有限性および土地収穫逓減の法則に求め,農産物の交換価値は最劣等地 (または最劣等投資) に投下された労働量によって規定されるため,優等地においてその個別的価値をこえる価格の超過分が生じ,これが差額地代となるとした。しかしこの場合,最劣等地 (最劣等投資) には地代は生じないことになる。これに対し絶対地代論を展開したのは J.K.ロートベルトゥスである。彼は農業においては原料部分が欠如しているため,そこでの利潤率が一般的利潤率よりも高くなるので,平均利潤を差引いてもなお若干の余剰利潤が残ると説明し,最劣等地にも発生する絶対地代を認めた。これらをふまえて地代論を完成したのは K.マルクスである。マルクスは,差額地代,絶対地代ともに,価値概念を基礎とし,生産価格,市場価値との内的関連において明確に規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じだいろん【地代論】

ちだいろん【地代論】

地代の性格・根拠についての学説。リカードの差額地代論、マルクスの絶対地代論などがその代表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地代論の関連キーワードケアリー(Henry Charles Carey)ジョーンズ(Richard Jones)経済学および課税の原理ボルトキエービッチボルトキエビッチフェビアン主義地代(ちだい)マルクス経済学山田 勝次郎向坂 逸郎櫛田 民蔵ホジスキン経済学説史山田勝次郎チューネンジョーンズ土地国有論土地所有古典学派限界分析

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android