コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産価格 セイサンカカク

5件 の用語解説(生産価格の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいさん‐かかく【生産価格】

商品の費用価格に平均利潤を加えたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生産価格【せいさんかかく】

自由競争のもとで成立する商品の価格のことで,費用価格に平均利潤(各産業部門で生ずる利潤の平均)を加えたもの。自由競争下では資本は利潤の多い所に流入し,少ない所から流出するので結局利潤は平均化し(平均利潤率),商品の価格は費用価格に平均利潤を加えたものになる。
→関連項目価格

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいさんかかく【生産価格 price of production】

マルクス経済学の重要な理論的概念の一つで,費用価格(不変資本プラス可変資本)プラス利潤であらわされ,資本主義経済において市場の価格運動の基準となる。市場価格の変動の重心となる価格は,必要価格,自然価格,費用価格などと呼ばれて,すでに古典派経済学における基本的範疇(はんちゆう)であったが,それはなお経験的な概念にとどまるものでしかなかった。マルクスは《資本論》第3巻において生産価格を規定したが,それは価値の転化形態であり,厳密な範疇的展開を通して価値から演繹(えんえき)された概念であって,古典派のものとは区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいさんかかく【生産価格】

生産コストに平均利潤を加えたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生産価格
せいさんかかく
price of production英語
Produktionspreisドイツ語

平均利潤の成立に伴い商品はその価値どおりに販売されず、その生産に要した費用価格に平均利潤を加えた価格で販売される。この価格が生産価格であり、マルクス経済学の基本的用語の一つである。現実に商品は、それに含まれた抽象的・人間的労働の分量としての個別的価値で価値が決定されるわけではない。それぞれの商品を生産する生産部門において、同一生産部門に属する生産者の生産条件は異なり、優位の生産条件のもとで生産された商品はそれより劣った生産条件の商品に比べて個別的価値はより小さい。しかし、同一部門内での競争が完全に行われれば、同じ商品には同じ価値が成立する(一物一価の原則)。それは社会的・平均的生産条件のもとで生産された商品の個別的価値に一致する。それを市場価値という。ところが、さらにさまざまな商品の生産部門についてみると、それぞれの生産部門で投下されている資本の有機的構成不変資本・可変資本の価値比率)は異なるのが常であって、もしそれぞれの生産部門での剰余価値率(可変資本・剰余価値の価値比率)が一定であるとすれば、同一量の投下資本に対して異なった剰余価値が生産されることになる。この場合も各生産部門間で競争が完全に行われ、資本と労働より大きな剰余価値を求めて部門間を移動しうるとすれば、各生産部門において投下資本量に対する均一の比率での利潤が生み出されることになる。これが一般的・平均的利潤率である。こうして平均利潤率が成立すると、諸商品は各生産部門の市場価値から離れて、費用価格に平均利潤を加えた生産価格に転化することになる。しかし、社会の全商品の生産価格の総和はそれらの価値総量に一致することから明らかなように、生産価格は個別的価値や市場価値と無関係に成立するものではない。このようなマルクスの生産価格概念は、その先駆的形態をA・スミスリカードの自然価格概念にみることができる。[藤田勝次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生産価格の言及

【資本論】より

…各種生産部門は有機的構成を異にし,有機的構成が高いほど利潤率は低い。各部門の資本は高い利潤率を求めて競争し,資本移動を生ずる結果,社会が必要とする商品の供給に参加するかぎり,各生産部門の生産条件の相違(有機的構成によって代表させる)にもかかわらず,各種生産部門の資本に同率の一般(平均)利潤を約束する〈生産価格〉(=費用価格+平均利潤)が成立する。この場合,一般利潤率は社会の平均的な有機的構成に一致する資本の利潤率で,一般的にいうと,平均的な有機的構成よりも高い,または低い各部門の諸資本では,自己の生産する〈価値〉と,剰余の平均的な配分を含む〈生産価格〉とは一致しなくなる。…

※「生産価格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生産価格の関連キーワード下部構造近代経済学ドッブマルクス経済学ランゲマル経遊部久蔵杉原四郎杉山清関根友彦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生産価格の関連情報