コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地温探査 ちおんたんさ underground temperature survey

1件 の用語解説(地温探査の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちおんたんさ【地温探査 underground temperature survey】

地球の表面から地中に向けて穴を掘るとしだいに温度(地温)が上昇することが知られており(地温勾配),この地温上昇は平均して100mにつき3℃程度である。しかし,地下にマグマや高温の岩石あるいは熱水といった熱異常が存在する場所では,地温が深さとともに急激に上昇することがある。したがって,地表に近い部分の地温分布を測定することにより,地下深部の熱異常の分布を推定することが可能となる。このような調査を地温探査という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地温探査の関連キーワード穴掘り御釜を掘る蟹は甲羅に似せて穴を掘る陸地株を削り根を掘る畑栗鼠墓穴を掘る掘り回らす棹掘り自ら墓穴を掘る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone