コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地蔵縁起絵巻 じぞうえんぎえまき

世界大百科事典 第2版の解説

じぞうえんぎえまき【地蔵縁起絵巻】

地蔵菩薩による救済の諸相を主題とした絵巻鎌倉時代以降の優れた遺作が多くのこる。六道の衆生を済度する菩薩として,地蔵菩薩は特に中世において民衆の間で広い信仰を集め,その造像も盛んに行われた。そして特定の寺院の地蔵尊の由来を説く縁起や,中国,日本のさまざまな地蔵の霊験談を集めた《地蔵菩薩霊験記》が作られ,絵巻化された。前者の代表例としては鎌倉時代の《矢田地蔵縁起》2巻(京都矢田寺)があげられよう。満米聖人が地獄で生身の地蔵に会い,その姿を彫って矢田寺を開いた由縁と,あやまって母を殺した武者所康成がその死後,日ごろ信仰していた矢田寺の地蔵によって地獄から救い出される霊験譚を内容としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

地蔵縁起絵巻の関連キーワード高階隆兼

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android