コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地類 ジルイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐るい〔ヂ‐〕【地類】

同族・親族の一種。古い分家や遠い親類などを含めた地縁のある家々。地親類(じしんるい)。合地(あいじ)。地分かれ。地名(じみょう)。
地上にある万物。ちるい。
「天衆(てんじゅ)―も影向(やうがう)をたれ」〈平家・四〉

ち‐るい【地類】

《「ぢるい」とも》
旧制度で、地租徴収のために区別した土地の種別。
地上に存在するすべての物。地上の万物。また、地上の神々。
「天衆(てんじゅ)―も影向(やうがう)をたれ」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じるい【地類】

一つの土地を分けあったという伝承をもち、共同で神仏をまつる家々。地親類。合地あいじ。地分かれ。地名じみよう
地上の万物。また、その霊。 「天衆-の集り給ふを聞きて/今昔 19

ちるい【地類】

旧制で、地租徴収の方面から区別した土地の種類。第一類・第二類がある。
土地の種類。地目。
地上の万物。地上の諸神。 「天衆てんじゆ-も影向ようごうをたれ/平家 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地類の関連キーワードカシュー樹脂塗料笠松[町]エビアン水足利(市)民間信仰旧制度地親類頭組草履上掛対揚

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android