地類(読み)ジルイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐るい〔ヂ‐〕【地類】

同族・親族の一種。古い分家や遠い親類などを含めた地縁のある家々。地親類(じしんるい)。合地(あいじ)。地分かれ。地名(じみょう)。
地上にある万物。ちるい。
「天衆(てんじゅ)―も影向(やうがう)をたれ」〈平家・四〉

ち‐るい【地類】

《「ぢるい」とも》
旧制度で、地租徴収のために区別した土地の種別。
地上に存在するすべての物。地上の万物。また、地上の神々。
「天衆(てんじゅ)―も影向(やうがう)をたれ」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じるい【地類】

一つの土地を分けあったという伝承をもち、共同で神仏をまつる家々。地親類。合地あいじ。地分かれ。地名じみよう
地上の万物。また、その霊。 「天衆-の集り給ふを聞きて/今昔 19

ちるい【地類】

旧制で、地租徴収の方面から区別した土地の種類。第一類・第二類がある。
土地の種類。地目。
地上の万物。地上の諸神。 「天衆てんじゆ-も影向ようごうをたれ/平家 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android