コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上二郎 さかがみじろう

百科事典マイペディアの解説

坂上二郎【さかがみじろう】

コメディアン。鹿児島県鹿児島市出身。幼少期を満州で過ごす。53年,NHKのど自慢コンクールで鹿児島県代表となり,歌手を目ざして上京。青木光一の付き人島倉千代子の専属司会となるが,歌手として芽が出ず,漫才に転身するが,これもうまくいかず,浅草フランス座のコメディアンとなり,萩本欽一と出会う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上二郎 さかがみ-じろう

1934-2011 昭和後期-平成時代のコメディアン,俳優。
昭和9年4月16日生まれ。昭和28年NHKのど自慢コンクールで鹿児島代表となり,歌手を目指して上京。歌手・青木光一の付き人,島倉千代子の専属司会などをつとめる。41年萩本欽一と「コント55号」を結成。テンポの速い動きや,「飛びます,飛びます」などのギャグで人気者となった。その後,単独活動に重点を移し,ドラマ「ハイカラさん」「夜明けの刑事」「明日の刑事」,映画「天城越え」「御法度」などに出演。舞台,バラエティーへの出演,またレコード「学校の先生」をだすなど歌手としても活躍。平成15年脳梗塞にたおれたが,懸命のリハビリで翌年復帰をはたした。平成23年3月10日死去。76歳。鹿児島県出身。清水中学卒。前芸名に安藤ロール。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂上二郎
さかがみじろう

コント55号」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の坂上二郎の言及

【軽演劇】より

…こうした人々(〈デン助劇団〉の大宮敏充(1913‐76)なども含めて)の多くが,タップを素養として身につけていることにも注目したい。さびれゆく浅草が生んだ最後の軽演劇スターは,フランス座改め東洋劇場から出た〈コント55号〉の萩本欽一(1941‐ )・坂上二郎ということになろうか。だが,80年代に入って,久々に,という印象で,ヌード劇場(渋谷の道頓堀劇場)から,〈コント・レオナルド〉のレオナルド熊が登場した。…

※「坂上二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂上二郎の関連キーワードコント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチチンチン55号ぶっ飛ばせ!! 出発進行コント55号と水前寺清子の神様の恋人こちら55号応答せよ! 危機百発コント55号とミーコの絶体絶命コント55号水前寺清子の大勝負カックラキン大放送!!初笑い びっくり武士道金田一耕助の冒険腕におぼえあり阿部 昇二4月16日剛州

坂上二郎の関連情報