コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂北[村] さかきた

1件 の用語解説(坂北[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さかきた【坂北[村]】

長野県中部,東筑摩郡の村。人口2401(1995)。筑摩山地に位置する農山村。中央を北西流する犀(さい)川支流の麻績(おみ)川沿いにわずかに低地がみられるほかは,起伏の多い傾斜地で,標高500~900mの間に50余の集落が散在する。近世には北国西脇往還が村を縦断して青柳宿が栄えた。現在はJR篠ノ井線が通る。主産業は農業で,稲作,畜産,野菜・タバコの栽培などが盛んだが,兼業農家が85%近くを占め,松本市,長野市への通勤者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂北[村]の関連キーワード冠着山筑摩岡谷諏訪茅野さかきた大森光彦関口友愛上条螘司サンリン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone