コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本龍一 さかもとりゅういち

百科事典マイペディアの解説

坂本龍一【さかもとりゅういち】

作曲家,音楽プロデューサー。東京芸大音楽学部作曲科卒。1978年細野晴臣,高橋幸宏と共に〈イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)〉を結成,テクノ・ポップ旗手として音楽のみならず,ファッション・映像・広告など幅広い分野に影響を及ぼす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本龍一 さかもと-りゅういち

1952- 昭和後期-平成時代のミュージシャン。
昭和27年1月17日生まれ。昭和53年イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成,テクノポップブームをまきおこす。アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞した映画「ラストエンペラー」では俳優として出演もするなど幅ひろく活動。平成21年フランス芸術文化勲章オフィシエを受章。22年「Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009」で芸術選奨文部科学大臣賞。25年ベネチア国際映画祭コンペティション部門の審査員となる。東京都出身。東京芸大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

坂本龍一

ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、社会活動家。1952年1月17日、東京都生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了後、78年「千のナイフ」でソロデビューし、同年に細野晴臣、高橋幸宏と共に「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、国内外にテクノポップのブームを巻き起こした。作曲家としても活躍し、83年の映画「戦場のメリークリスマス」で英国アカデミー賞作曲賞を、87年の映画「ラストエンペラー」では米国アカデミー賞作曲賞などを受賞した。90年、ニューヨークに移住し、米国の同時多発テロ(2001年9月11日)を身近に体験、環境・原発問題などにも積極的に取り組んでいる。09年フランス芸術文化勲章オフィシエ、10年芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。14年6月には中咽頭がんと診断されている。16年12月、音楽を担当した映画「レヴェナント:蘇えりし者」のサウンドトラックが、第59回グラミー賞の最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品)部門にノミネートされた。

(2016-12-8)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂本龍一
さかもとりゅういち
(1952― )

音楽家。東京生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科を経て、1977年(昭和52)同大学院音楽研究科修士課程修了。松本民之助(1914―2004)に作曲を師事。在学中に弦楽四重奏曲(1972)、『オーケストラのためのコンポジション』(1973)などを作曲。78年、初のソロアルバム『千のナイフ』を発表。同年、細野晴臣(はるおみ)(1947― )、高橋幸宏(ゆきひろ)(1952― )とともにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成しキーボード、作曲、作詞を担当。シンセサイザーを駆使したデビュー・アルバム『イエロー・マジック・オーケストラ』(1978)でセンセーションを起こした。アルバム第2作『ソリッド・ステート・サヴァイヴァー』(1979)も大ヒットし、国際的にも注目を集める。
 YMOの活動の一方で、ピアノ曲『僕自身のために』(1981)、合唱曲『小説』(1982)などの作品を作曲。YMO名義のアルバム『BGM』『テクノデリック』(1981)発表ののちYMOを解散、以後さまざまなメディアで多彩な活動を展開している。1983年(昭和58)には大島渚(なぎさ)監督の映画『戦場のメリークリスマス』に主演するとともに音楽を担当し、英国アカデミー最優秀映画音楽賞を受賞。ベルナルド・ベルトルッチ監督の映画『ラストエンペラー』に出演、音楽を担当して88年にアカデミー作曲賞を受賞した。このほかイギリス映画『嵐が丘』(1992)、アメリカ映画『スネーク・アイズ』(1998)などの音楽を担当。現代音楽の技法とテクノロジーをポップ・ミュージックに取り入れた活動に功績がある。[楢崎洋子]
『大森荘蔵・坂本龍一著『音を視る、時を聴く』(1982・朝日出版社) ▽吉本隆明・坂本龍一著『音楽機械論』(1986・トレヴィル) ▽山下邦彦編著『坂本龍一・全仕事』(1991・太田出版) ▽山下邦彦編著『坂本龍一・音楽史』(1993・太田出版) ▽坂本龍一著『DECODE20』(1997・インプレス) ▽『コンパクトYMO』(1998・徳間書店) ▽後藤繁雄著『skmt坂本龍一』(1999・リトル・モア) ▽山下邦彦著『楕円とガイコツ――「小室哲哉の自意識」×「坂本龍一の無意識」』(2000・太田出版) ▽ソトコト編集部編『Elephantism坂本龍一のアフリカ』(2002・木楽舎) ▽坂本龍一監修『非戦』(2002・幻冬舎) ▽辺見庸・坂本龍一著、「小説トリッパー」編集部編『反定義――新たな想像力へ』(2002・朝日新聞社) ▽坂本龍一・河邑厚徳編著『エンデの警鐘「地域通貨の希望と銀行の未来」』(2002・日本放送出版協会) ▽キーボード・マガジン編集部監修『坂本龍一の作曲技法』(2002・リットーミュージック) ▽坂本龍一著『Seldom-illegal 時には、違法』(角川文庫) ▽坂本龍一・村上龍著『モニカ 音楽家の夢・小説家の物語』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

坂本龍一の関連キーワードROCK IN JAPAN FESTIVAL電気用品安全法(PSE法)を巡る経緯鉄道員(TETSUDOUIN)王立宇宙軍 オネアミスの翼あらきゆうこ(MIコンピューターおばあちゃんエーピー・バンク・フェスenergy flowロハス(LOHAS)デビッド シルビアントーマス ドルビーシリン ネシャットデービッド バーンビル ラズウェル君に、胸キュン。ロディ フレーム文化芸術懇話会札幌国際芸術祭キム ドクス忌野 清志郎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂本龍一の関連情報