コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東しうか(初代) ばんどう しゅうか

2件 の用語解説(坂東しうか(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東しうか(初代) ばんどう-しゅうか

1813-1855 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文化10年生まれ。3代坂東三津五郎の養子。12歳のとき坂東玉三郎を名のって初舞台。天保(てんぽう)10年坂東しうかに改名。容姿と口跡がよく,女方,所作事(しょさごと)を得意とする。没後,5代坂東三津五郎を追贈された。安政2年3月6日死去。43歳。江戸出身。幼名は坂東玉之助。俳名は玉花,秀歌。屋号は大和屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂東しうか(初代)

没年:安政2.3.6(1855.4.22)
生年:文化10(1813)
江戸後期の歌舞伎役者。女形。屋号大和屋。市村座の帳元橘屋治助の次男。幼名玉之助。文政7(1824)年,初代坂東玉三郎を名乗って市村座へ出,子役として唐子の所作を勤めたのが初舞台。文政12年から3年間名古屋と上方で修業したのち,江戸に下って次第に名声を得た。天保10(1839)年,養父3代目坂東三津五郎の俳名秀佳に因んで改名。8代目市川団十郎と競演して江戸の人気を集めたが,43歳の若さで没した。風采がよく口跡にすぐれ,派手で伝法肌の女役を得意とし,晩年には「眼千両」といわれた女形の名優5代目岩井半四郎の芸風をよく受け継いでいた。当たり役に女清玄,浦里,鬼神お松など。性格は豪放で金遣いが荒かったというが,人望はあり,弟子はもちろん,木戸芸者や落語家,幇間など朝夕台所で飯を食うものが常に二,三十人はいたという。没後,5代目坂東三津五郎を追贈されている。この名跡は4代を数えたが,初代が最も有名である。<参考文献>伊原敏郎『近世日本演劇史』,俳優堂夢遊『俳優世々の接木』(国立劇場芸能調査室編『歌舞伎の文献』8巻)

(赤間亮)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂東しうか(初代)の関連キーワード歌舞伎役者大和屋荻野伊三郎(3代)坂東三八(2代)坂東三八(4代)坂東秀調(初代)坂東玉三郎(2代)大和屋甚兵衛(初代)大和屋甚兵衛(2代)大和屋甚兵衛(3代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone