コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【×坎】

穴。くぼみ。
「―の火っ気が、快い温みを漂わせていた」〈芥川・将軍〉
易の八卦(はっけ)の一。で表す。水にかたどり、方位では北に配する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【坎】

穴。窪くぼみ。 「 -に臨んで盟ちかひを請ふ/三教指帰」
易の八卦の一。算木で☵の形で示す。水・月を表し、北の方角に配する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

…左の掌中にある筮竹を右手で8本ずつ除去していき,小指の分も入れて残りが8本以内になったらやめる。残りが1本なら☰乾(けん)(天),2本なら☱兌(だ)(沢),3本なら☲離(火),4本なら☳震(雷),5本なら☴巽(そん)(風),6本なら☵坎(かん)(水),7本なら☶艮(ごん)(山),8本なら☷坤(こん)(地)。これで内卦(六爻(こう)の下半分)が得られた。…

※「坎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

坎の関連キーワード新疆(ウイグル自治区)八卦(はっか)後天八卦カナート中村淡斎ピチャン氾勝之書浮生六記先天定位後天定位先天八卦豊島由誓三教指帰オアシス区田法火っ気戴き餅大刀会坎児井太極旗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坎の関連情報