(読み)カン

デジタル大辞泉の解説

かん【×坎】

穴。くぼみ。
「―の火っ気が、快い温みを漂わせていた」〈芥川・将軍〉
易の八卦(はっけ)の一。で表す。水にかたどり、方位では北に配する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【坎】

穴。窪くぼみ。 「 -に臨んで盟ちかひを請ふ/三教指帰」
易の八卦の一。算木で☵の形で示す。水・月を表し、北の方角に配する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん【坎】

〘名〙
① くぼみ。あな。
三教指帰(797頃)中「昇壇、結誓、臨坎、請盟」 〔晉書‐褚伝〕
② 穴を掘ること。
※空華日用工夫略集‐嘉慶二年(1388)四月四日「門人以遺命龕于塔所、坎而蔵焉、以土掩之、安石浮図於其上
③ 易の八卦(はっけ)の一つ。算木でとかたどる。また、六四卦の一つ。。水、雨、雲をあらわし、方角では子(ね)、すなわち正北にあたる。
懐風藻(751)序「至於神后征坎、品帝乗一レ乾」 〔易経‐説卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

…左の掌中にある筮竹を右手で8本ずつ除去していき,小指の分も入れて残りが8本以内になったらやめる。残りが1本なら☰乾(けん)(天),2本なら☱兌(だ)(沢),3本なら☲離(火),4本なら☳震(雷),5本なら☴巽(そん)(風),6本なら☵坎(かん)(水),7本なら☶艮(ごん)(山),8本なら☷坤(こん)(地)。これで内卦(六爻(こう)の下半分)が得られた。…

※「坎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android