コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城隍神 じょうこうしんCheng-huang-shen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城隍神
じょうこうしん
Cheng-huang-shen

中国の民間信仰における都市の守護神。古代には,氏,部族の集団居住地には社神が祭られたが,諸族の混住する都市生活が発達するにつれ,社神に代って起った信仰であろう。中国の都市は,城壁を築き,濠 (ほり) をめぐらすが,それを神格化したもので記録では北斉 (6世紀) に現れる。唐代には官吏がのぞんで祭礼を行なって天候の平安や無病息災を祈るようになり,その後,城隍神に王,公,侯の号を奉るようになった。明の洪武3 (1370) 年に号を奉ることはやんだが,民国になっても,城市によっては,廟を建て,城隍神に城隍ないないを合せ祭り,祭礼にはその神の従える諸官になぞらえる行列を繰出すなど,盛んに祭られ,現在も台湾などで盛んである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうこう‐しん〔ジヤウクワウ‐〕【城×隍神】

中国で、都市を守護する神。三国時代に始まり、宋代には盛んに信仰された。祭神は時代・地域によりさまざまで、土地神・冥界神としても民衆に親しまれ、説話も多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の城隍神の言及

【城隍廟】より

…城隍神をまつるやしろ。城隍神は都市とその住民を守護すると信じられた神。…

【ソナンダン】より

…漢字では城隍堂,累石壇と表記される。城隍という字は高麗時代から文献に見いだされるが,元来は中国の城壁やそれをめぐる堀の神であって,のち城邑内の地域の安寧をつかさどる神となったもので,この中国の城隍神信仰が朝鮮ではまず公的なレベルにおいて受容され,さらに固有の部落の守護神である山神信仰と習合して朝鮮独自の城隍神信仰が生まれたのである。朝鮮の城隍神信仰には,(1)婦女子が随時おとずれて祭物を供え除厄招福を祈る個人的なもの,(2)部落祭の対象である部落の守護神としての共同体的なもの,(3)中国の城隍神を国家が中国に倣って祭る公的な城隍神祭祀の3類型があるが,重要なのは(1)と(2)である。…

【ベトナム】より

…村民の信仰および日常生活のうちにも,村落の共同体的性格と集団主義への志向が看取される。信仰面では,村の守護神(城隍神)祭祀の慣行が村民を結ぶ精神的な紐帯となった。また公田(村落共有地)の所有と割換耕作,〈民公〉(労働交換)と共同労働,〈甲〉(合力・扶助組織)など,さまざまの労働慣習に裏打ちされた村落の集団主義は,村民相互間の連帯と共属意識を生むもとになっている。…

※「城隍神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

城隍神の関連キーワードソナンダン城隍廟

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android