コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地神 とちがみearth god

2件 の用語解説(土地神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地神
とちがみ
earth god

大地の神であり,村落の守護神のこと。穀物や豊饒の神でもあり,人々に繁栄をもたらす。ボルネオのトーと呼ばれる精霊は,人間に対して威力をもっており,善意ばかりでなく不幸をももたらし,墓,山,川,森,洞窟,海などあらゆる場所に宿っていると信じられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちしん【土地神】


[中国]
 民間信仰の神。城隍神(じようこうしん)が城市の守護神であるのに対して,これは郷村の守護神。天災や戦乱から住民を保護し,さらに住民の死後をもつかさどる神としてあつい信仰を集めた。人が死ぬと,魂はまず城隍廟,土地廟に赴くと信じられたから,遺族はすぐ廟へいって廟神を拝し,紙銭を焼いた。土地神への信仰は後漢末・六朝時代からすでに見られ,道教にも取り入れられた。唐・宋時代には全国に広まり,各地に土地廟が建立されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の土地神の言及

【社】より

…中国古来の土地神,あるいはそれをまつる集団,集落をいう。その起源については諸説があって定まらないが,おおよそ原始集団の中心にある聖なる場所,その集団の保護神が祖先神であったといわれる。…

※「土地神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地神の関連情報