コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地神 とちがみearth god

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地神
とちがみ
earth god

大地の神であり,村落の守護神のこと。穀物や豊饒の神でもあり,人々に繁栄をもたらす。ボルネオのトーと呼ばれる精霊は,人間に対して威力をもっており,善意ばかりでなく不幸をももたらし,墓,山,川,森,洞窟,海などあらゆる場所に宿っていると信じられている。インドシナ半島タイ諸族に広く分布しているピーという精霊の観念も一種の土地神である。中国の社稷 (しゃしょく) と呼ばれる神々も大地収穫の神であり,厚く信奉されている。日本では古くから地神 (じがみ) 信仰がみられ,遠祖や開拓先祖を祀り,その墓地や家と結びつけて地神の性格を説く事例が多い。地神は西日本では地主様,関東ではチジンと呼ばれ,農耕神としての性格をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちしん【土地神】


[中国]
 民間信仰の神。城隍神(じようこうしん)が城市の守護神であるのに対して,これは郷村の守護神。天災や戦乱から住民を保護し,さらに住民の死後をもつかさどる神としてあつい信仰を集めた。人が死ぬと,魂はまず城隍廟,土地廟に赴くと信じられたから,遺族はすぐ廟へいって廟神を拝し,紙銭を焼いた。土地神への信仰は後漢末・六朝時代からすでに見られ,道教にも取り入れられた。唐・宋時代には全国に広まり,各地に土地廟が建立されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の土地神の言及

【社】より

…中国古来の土地神,あるいはそれをまつる集団,集落をいう。その起源については諸説があって定まらないが,おおよそ原始集団の中心にある聖なる場所,その集団の保護神が祖先神であったといわれる。…

※「土地神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

土地神の関連キーワード総合土地政策推進要項道教/道教の神々台北の龍山寺リー(黎)族日本資本主義豊宇気毘売神島根県出雲市越甸幽霊集石(いし)神道用語集民間信仰地縁集団豊栄神社太平天国モシ諸族一実神道秋風の辞城隍神地主神島根県

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android