コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴破(読み)ハンナリ

世界大百科事典 第2版の解説

はんなり【埴破】

雅楽の舞楽の曲名。高麗(こま)楽の高麗壱越(いちこつ)調。四人舞で文(ぶん)ノ舞(平舞)。金玉舞登玉舞ともいう。番舞(つがいまい)は《打球楽》。巻纓(まきえい)に緌(おいかけ)をつけた末額冠(まつこうのかんむり)に萌葱(もえぎ)色の袍,金べりの裲襠という別装束で舞う。左手に埴玉(はにだま)という五色に彩られた玉を持つ。高麗楽の多くの曲と同様,由来は不明。演奏次第は〈狛調子(こまぢようし)〉(あるいは〈意調子(いぢようし)〉)―当曲(四拍子)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんなり【埴破】

舞楽の一。右方に属する高麗楽こまがくで、壱越いちこつ調の中曲。四人による平舞で、打毬楽たぎゆうらくの答舞。埴はにの玉を舞いながら破るところからの名。はにわり。弄玉ろうぎよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android