コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打球楽 たぎゅうらく

2件 の用語解説(打球楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打球楽
たぎゅうらく

日本の雅楽の曲名。唐楽,太食 (たいしき) 調に属する。「打毬楽」とも書く。舞があり,4人で舞う。平安時代の遊戯である打毬 (だきゅう) に貴族たちが打ち興じるさまを模した曲で,玉掻手 (たまかくて) という舞の手を特徴とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たぎゅうらく【打球楽】

雅楽の舞楽・管絃の曲名。唐楽にふくまれ太食(たいしき)調。四人舞で平舞・武ノ舞の区別なし。打毬楽とも書く。番舞(つがいまい)は《埴破(はんなり)》。この曲用の別装束で舞う。錦の縁のついた毛べりの裲襠装束に,巻纓・緌(おいかけ)のついた末額冠(まつこうのかんむり)をかぶり,右手には五色に彩られた毬杖(ぎつちよう)を持ち,やはり五色に彩色された木製の玉(球子(きゆうし))1個を用いる。由来は不明であるが,平安時代に競馬や相撲,歌合の会などで舞われた記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

打球楽の関連情報